沖縄・離島の旅

離島大好きっ子の沖縄・離島の旅

いよいよ阿嘉島のボートシュノーケルだっ!

 

阿嘉島三日目、やっぱり曇天。

だけど数名のお客さんがシュノーケリングのボートツアーを希望している。

ってことで今日はボートで出かけることになった!ヒィハァッ!

まずは朝ごはん(´▽`)ノ♪

まずは朝ごはん(´▽`)ノ♪

スポンサーリンク



いよいよボートシュノーケリングへ出発

ここまで食べ物の写真が多いですなw
この記事からちゃんと海の写真を載せますよ☆

朝食を済ませた俺はダイビングショップでウェットスーツを借りてきた。料金は一日¥1,000だ。寒がりな人にはおすすめね。

デジカメのバッテリーはまだ生きてる。ここまで撮影を控えてきたけど思う存分撮っちゃるでー

いざ出発!

いざ出発!

ツアーは2~3時間ほど、海況を見つつ宿主さんがポイントを選定して案内してくれる。だいたいの定番ポイントは安慶名敷島(あげなしくじま)の西側とニシハマビーチの沖かな?海況が良ければ奥武島(おうじま)とかクシバルあたりでドリフトする。たぶん奥武島のドリフトが一番面白いと思う。大潮なら儀名崎でマンタウォッチングのチャンスだ。シュノーケリングでマンタが見れるってスゴイね。

※ドリフトというのは潮の流れにのってシュノーケリングすること。上流でエントリーして流されながらポイントを鑑賞する。ボートは下流へ先回りして迎えてくれるというスタイル。

今日はちょっと波があって奥武島へは行けず。まぁそれでも思う存分泳がせてもらえたかな。

一発目のポイントは安慶名敷島の西側、だったと思う。
曇天ゆえに光が差さないのが残念だけど、それでも海の中はキレイだ。

海ん中はこーんな感じ

海ん中はこーんな感じ

ビラビラクマノミさんと、

ビラビラクマノミさんと、

ハマハマクマノミさん。※正しい名前ではない

ハマハマクマノミさん。※正しい名前ではない

日本で見ることができるクマノミは6種類だっけ。

日本にいるクマノミ6種類のすべてが見られる場所はここだ
http://okirito.net/anecdote/1102.html

慶良間ではシュノーケリングでその全てを見ることができる。俺はなにげなくコンプリートしたけど、何度も見てるせいか感動が薄れてきている。バッテリーがもったいないから撮るのやめるか。クマノミ君、スマンw

 2012年5月 久高・阿嘉
 , ,