沖縄・離島の旅

離島大好きっ子の沖縄・離島の旅

ベストコンディションの阿嘉島ニシバマ(北浜)ビーチ

 

やってきましたニシバマ(北浜)ビーチ!

阿嘉島といえば定番のビーチだね。雰囲気的に座間味島の古座間味ビーチに似た感じがしなくもない。こっちの方がビーチが広いかな?

さて、阿嘉島をはじめて知った人のためにおさらいしよう。

ニシバマ(北浜)ビーチ

ニシバマ(北浜)ビーチ

スポンサーリンク



慶良間屈指のビーチ

北浜と書いてニシバマと読む。(ニシバマでもニシハマでもどっちでも通用する)
沖縄では東西南北はアガリ、イリ、ヘー(フェーorパイ)、ニシとなる。日が昇る(上がる)、日が落ちる(入る)と考えればアガリとイリは覚えやすい。
ヘーは南風原(はえばる→へーばる)、もしくは南風(ぱいかじ)と覚えてしまおう。ということで南は馴染みのある人が多いんじゃないかな。
ニシはちと難しい。マジメに話すとイニシエ(昔のこと)を現し、昔の民族がどこから移動してきたかを意味するらしい。大和(本島)では西から移動してきたら西がニシ。沖縄では北から移動してきたから北がニシ。という説があるとのことだ。

離島大好きっ子もたまにはマトモなこと書くじゃないか。

なので阿嘉島に行ったときに集落に立ってるこの看板↓は気にしないようにw

2012年5月撮影

2012年5月撮影

阿嘉島のニシハマビーチに隠された秘密
http://okirito.net/travels/201205kudaka-aka/3197.html

行き方だが、集落から約2kmぐらいの距離、自転車で15分ぐらいかな。山の中を突っ切っていく道と、港前を通って阿嘉ビーチに寄っていく道がある。前者はキツイ坂道なので後者のコースがいいだろう。だいたい阿嘉ビーチを泳いでからニシバマへ行くと思うし。
ニシバマビーチにはシャワーとトイレがあるが、シャワーの動作は怪しいとの情報がある。濡れたまま宿に戻ってシャワーを浴びるしかないかな。水着で集落を通らないでね。

軽食を出す海の家的なものもある。シュノーケリングに必要な3点セットも借りられる。子供たちの夏休み時期は監視員も常駐するので安心して遊べるビーチだね。近くにある展望台からの眺めも最高だ。

展望台からの眺め

展望台からの眺め

よおし、ビーチへ飛び込もうぜ!

潜水!

潜水!

さらに潜水!

さらに潜水!

すげえキレイなんだがどうしちゃったんだ??
一つ前のエントリでも書いたけど、この日の阿嘉島のコンディションは最高だった。これが那覇から船で1~2時間で来れちゃうんだからすげえ。旅仲間もはしゃぎまくってるw

「俺に触るとケガするぜ」なミノカサゴ

「俺に触るとケガするぜ」なミノカサゴ

で、こっから先、あんまり写真を撮っていないw潜るのに夢中だった。

旅仲間と俺は平均して10~20秒ぐらい潜行する。技量はほぼ同じ。いや旅仲間の方が上だな。同じぐらいの技量の仲間が一緒にいると安心して潜れる。たかだかシュノーケリングだけどバディの存在はデカイ。

ここでもう一つ、ニシバマビーチのマジメな話を。

俺が始めてここを泳いだのは2008年5月。以来2012年5まで夏を中心に年2回ほどのペースで泳いできたのだが、あきらかに素人の俺が見てもわかるぐらいにサンゴが減っている。オニヒトデなんて見かけたことないんだけど、水深5~6メートルぐらいの白砂が広がる手前、そのあたりの岩礁からサンゴが減っているように見えるのだ。これはかなり心配である。生き生きとした海に戻って欲しいね。

さんざん泳ぎまくってニシバマビーチを堪能しまくった。宿に戻ってオリオンを注入しよう(´▽`)ノ♪

 2010年7月 島旅
 , ,