沖縄・離島の旅

離島大好きっ子の沖縄・離島の旅

某離島で体験した怖い話

 

これは離島大好きっ子が体験した本当にあった怖いお話。嘘も偽りもないマジでガチの体験談。

きゃぁあああああああ(写真はイメージね)

きゃぁあああああああ(写真はイメージね)

スポンサーリンク



離島大好きっ子の体験談・・

某年、某離島、某民宿でのこと。

その民宿は廊下を挟んで客室が向かい合う造りだった。部屋は和室の個室タイプ。ドアを開けると履物を脱ぐスペースがあり、一段上がって1メートル四方ほどの板間があった。そしてその先が畳という、よくあるタイプの間取りだった。

ある晩のこと、俺はゆんたくでベロベロに酔っ払って部屋に戻った。もちろん一人だ。部屋のクーラーを適度に効かせ、タオルケットをかぶって寝ようとしたところ、部屋のドアをたたく音が聞こえてきた。ドアは一般的な木造建築で見られるようなドア、合板のドアだった。その音は叩くというよりも、伸びた爪先で突っつくような音だった。

コツコツコツ・・
コツコツコツ・・

ノックのような音が続く。ベロベロに酔っぱらってた俺は「うるせーなー」と思いつつ、この島に伝わる話を思い出した。それは某宿の某ヘルパーが仕事を終えて自室で寝ていたところ、今と同じように誰かが部屋を訪れてくるという話だった。某ヘルパーは怖くなって布団に潜りこんだが、その誰かはドアを開けて部屋に入って来たという。某ヘルパーは恐怖を感じながらも眠り落ちてしまい、翌朝に目が覚めると古い大きな木の下にいたという。

まったく同じ状況じゃねーか(汗)

コツコツコツ・・

音は続く・・俺も目が覚めたらあそこの木の下か・・風邪引かなきゃいーんだけど。

なんて考えていたあたり、俺にはまだ余裕があった。ところがだ。

ギシ、ギシ、ギシ・・

板間を歩く音か?
入って来たのかよ!

ちょっと待て、その板間は俺が歩いてもギシギシいわないぐらい丈夫な造りだぞ?俺がゆんたくしている間にウグイス張りでも施されたのか??

ギシギシギシ・・
ギシギシギシ・・

歩き廻ってるじゃねーか!

怖くて入口の方を見れない!タオルケットを被り込んで・・眠り落ちてしまった(爆)

チュンチュンっ♪(朝)

目が覚めた。部屋にいた。助かった(;´д`)=3
例の古い木には連れて行かれなかった・・

いったいなんだったんだ?

そういえば向かいの部屋は女性の一人旅だったな。その人が自分の部屋に戻った時の音だったのかもしれないな。そのお客さんに聞いてみよう。

俺:昨晩、何時頃に部屋に戻られたんスか?
女:うーん、1時半だったかな。
俺:・・・

昨晩の出来事は0時頃だったんだが(汗)

怖え・・誰にも言えねえ・・こんな恐怖体験を他のお客さんに話したら大問題になる。宿も大騒ぎだ。そうだ!同宿のお客さんに顔見知りのお客さんがいたぞ!小さな子供を連れたお母さんだ!昨晩のことを話してみよう!

母:ええ!!ホント??そういえばうちの子が屋根の上に子供がいるよぉって言ってたわ。

俺:!Σ( ̄◇ ̄!!

キジムナーは古いガジュマルに宿ると言われているが・・

キジムナーは古いガジュマルに宿ると言われているが・・

信じるか信じないかはあなた次第。

 沖縄の小ネタ