沖縄・離島の旅

離島大好きっ子の沖縄・離島の旅

関東一美味いと云われる沖縄そばを食べてきたぜ!

 

ハイサイ(´▽`)ノ♪
離島大好きっ子です。花糞に黄砂、PM2.5に親父の屁まで、朝の電車はまさに痛勤電車でございます(汗) さて、関東一と云われる沖縄そばを食してまりましたのでそのレポートを。

関東一だと??

関東一だと??

スポンサーリンク



関東一美味い沖縄そば

ホントにネタがないんだな、涙ぐましいぞ。このまま近所の沖縄メシをあさるサイトに成り下がるのか?いっそのこと沖縄・離島のメシに改名するか?(爆)

そんな自虐的なリードは置いといて、以前の記事「渋谷の沖縄に行ってみた!」で渋谷の●●●●い沖縄そば「やんばる」を紹介したワケだが、あまりにも●●●●かったために沖縄魂に火の点いた俺は横浜市は鶴見区にある、関東一美味いと云われる沖縄そばを食べに行ってきたのだ。

渋谷の沖縄に行ってみた!(沖縄そば「やんばる」のお話)
http://okirito.net/anecdote/2281.html
やってきました横浜市鶴見区仲通!

やってきました横浜市鶴見区仲通!

鶴見区のこの界隈は沖縄人街とも呼ばれている。移住者や二世が多く住み、商店では沖縄の食材も販売されている。そんな仲通は真っ昼間から酒屋の前でオヤジ達が酒で顔を赤らめゆんたくをしている平和な(えっ)街だ。ちなみに人通りは少なく閑散としている(汗)

目指す店の名前は「うちなーすば やーじ小」。場所は鶴見駅から約2kmほど。腰に手を当てて20分ほどスキップすれば着く距離だ。

JR鶴見駅からうちなーすばやーじ小までの地図

関東一美味いといわれる所以はいつぞやのテレビ番組で関東一という評価を得たからのようだ。ではさっそくお店にちぇーーーっくいんっ!

店舗外観

店舗外観

店内の様子

店内の様子

4人がけテーブル席が3つ。座敷のようなスペースの、これまた4人がけテーブルが2つの小じんまりとした店だ。入店したのは土曜日の14時半だったが、ひとつのテーブルを除いてお客さんで埋まっていた。繁盛店なのか。

メニュー

メニュー

メニューはかなり充実している。暖簾に「沖縄そば」とかかげておきながら、沖縄の定食屋で目にするような料理がひと通り押さえられているようだ。中味汁なんてわかんない人はわかんないよな。

さて、俺が注文したのはもちろん沖縄そば。渋谷の「やんばる」でクソ不・・もういいですか。

沖縄そば¥480どーん

沖縄そば¥480どーん

見た感じフツーの沖縄そばだ。さっそくスープをいってみようじゃまいか。

ズズズズズズ・・(を?)
ズズズズズズ・・(あ?)

美味いぞっ!(´▽`)ノ♪

これは鰹と豚骨で出汁を取ってるな。互いに主張しつつも上手に調和したスープだ。っつーか豚骨が良く炊けてる。その辺の名ばかりの豚骨ラーメンよりぜんぜん美味い!w

麺は平麺で縮れ無し。幅は7.35mmで厚さは3.12mmだ(離島大好きっ子調べ)。うむ、このスープならこの麺だろうな。っていうかスープが美味すぎる。これってラーメン用の麺を入れても美味しいんじゃないか?まじで下手なラーメン屋より美味いかもしれないw

平たい麺

平たい麺

一気に完食。久しぶりに「あーんもうなくなっちゃうー」と感じながら食べることができたそばだった。さすが関東一美味いと言われるだけあってその完成度は高かった。しかしトッピングされていた豚肉は美味しくなかった。これってベーコンじゃねーか?メニューにある三枚肉そば¥730を試してみれば良かったかもしれないな。

ちなみに俺は美味いと感じたが、人によっては不味いと言う人もいるようだ。さらに沖縄出身者にもやーじ小のそばを否定する人もいるようだ。しかしそんなの気にする必要はない。だいたい沖縄そばは地域や場所によって出汁も変われば味も変わる。しかも家庭で作られるそばも含めればバリエーションは限りなく広がる。やーじ小が沖縄そばだと言ってるんだから沖縄そばなんだろう。(あれ、言ったもん勝ちか?w)

というわけで、JR鶴見駅からスキップして約20分のうちなーすば やーじ小を紹介してみた。都心の名ばかりのクソ不味い沖縄料理屋に辟易としているならぜひ食べてみて欲しい。しかし決して好みの味じゃなかったとしても離島大好きっ子にクレーム付けるのだけはやめてくれ(笑)

PM2.5で空がかすむ鶴見川

PM2.5で空がかすむ鶴見川

 沖縄の小ネタ
 ,